2006年10月28日

老人の福祉について



老人の福祉について


老人の福祉に関することを考えてみますと、老人になっても「からだ」と「こころ」と「社会」との関わりはいろいろな制約があっても老人が主役として生活できることだと思います。老人は長年の豊富な知識と経験を持っていますから尊重される存在ですよね。

じゃ、どんなことをさらに考えていけばよいでしょうか。

1つは老人に対してその人の取り巻く状況を考慮したなかにもその人らしい生活ができるように支援していくことだと思います。

それには、老人その人と家族が主役であることが前提です。例えば、介護付有料老人ホームに入居するのであれば、老人ホームは公正で質の高いサービスを提供することを求められるでしょう。入居者のニーズにあったものを提供しないと老人の福祉について考えているとは言えないのではないでしょうか。

posted by 老人が楽しく暮らせる世界にしましょう。 at 04:40| 老人の福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。