2006年10月28日

老人のセックスについて


高齢者の恋愛や性、セックスライフについてですが、
日本ではタブー的な観方が強く、よく言われる「いい歳をして。。。」
というセリフを聞きますよね。

いい歳をしているからこそ、ずっと恋愛や性に興味を持ち続けているものだと思います。生きがいについては考えてみますと、好きな人ができた、年下の彼氏ができたというと、若い人は「キモ〜い」とか言いそうですね。

 近所にあるおばあちゃんがいまして、今はすごく元気で生き生きしています。服装とかも派手になったし、顔色もよくなったし、化粧も明るくなりました。でも、半年前には想像もできないほど変わりました。

 半年前にそのおばあちゃんは夫を亡くして、生きる気力をなくしていました。とても仲がよく、いつでもどこでもいっしょにいました。でも、長年連れ添った夫がいなくなって、何をしていいのか、どうすればいいのか、生きがいをどこに見つければよいのかと悩んでいました。

 夫を亡くして3ヵ月後に近所のおばあちゃんは見違えるように変わりました。
話を聞いてみると、なんと年下の彼氏が出来たんだそうです。おばあちゃんが元気になった原動力は「年下の彼氏」だったんです。しかも一緒に暮らすようになってからは元気だった頃以上に活力が戻った感じでした。

このおばあちゃんを元気にしてくれたのは恋愛とセックスだったんです。一人でいて死んでしまいそうだったおばあちゃんは恋愛によって刺激を受けてとても元気になりました。恋愛からの刺激によって日常の刺激も多くなったんだと思います。なにをしてても楽しくて仕方がない、どんなことでも楽しんでいると聞きました。

このことを聞いて、高齢者の恋愛や性、セックスライフの充実こそが元気になる元だと考えます。あまりクローズアップはされていませんが、ここに老人を元気にさせる秘訣があると思います。

いい歳をしたからこそ、いいセックスライフを送りたいと口に出さないけど強く望んでいるのです。

おばあちゃんが元気になった話を書きましたが、恋愛をすることで外界からの刺激をいっぱいもらえます。服装が変わったとか、化粧が変わったなんてことは、その人に想われたいという気持ちがあるです。

いい恋愛をたくさんした素敵な老人が増えるといいですよね。
posted by 老人が楽しく暮らせる世界にしましょう。 at 05:18| 老人のセックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。