2006年10月28日

老人福祉法について


老人福祉法について

この法律ができた背景としましては日本が第2次大戦後からようやく落ち着いて
経済が順調に伸び始めた頃です。

出生率が戦前と比べ、低下し始めた頃であり、公衆の衛星もよくなってきて死亡率も下がり始めたため、老人の人口が増え始めました。

ようやく、老人への福祉に対する政策も取られるようになりまして、
老人福祉法は、昭和38年7月に制定され同年の8月1日に施行されました。

その目的は老人福祉に関してきちんと法でまとめること、具体的にはこころとからだの健康を保つためと生活の安定のために老人福祉をきっちりやりましょうというところでしょうか。
とを目的とする

理念としましては老人は素晴らしい経験と知識を持っているから、生きがいがあり、健康で安全な生活ができるように配慮しましょうですね。
だから、社会が老人個人に合った場所と機会を得られるようにしましょう。

じゃ、福祉はどうするかいいますと、介護や老人ホームに関する事業を増やしましょうということになります。

簡単にまとめるとこんな感じになります。
posted by 老人が楽しく暮らせる世界にしましょう。 at 04:20| 老人の福祉法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。