2006年10月25日

介護保険制度の出来た理由

介護保険制度の出来た理由

介護保険制度が生まれた背景にはいろいろな要因があります。その大きな理由の一つに、家族の介護負担の限界ということがあります。今は大家族世帯が当たり前だった時代とは違います。核家族化や少子化により、家族の介護力は大幅に減退しています。1家族3人から5人くらいではないでしょうか。

それにもかかわらず、無理に家族内介護を推し進めることで、特定の家族(特に女性層)に負担が集中する恐れが高くなっています。また、寿命も延びていますので70歳の子供が100歳の親の介護をするということもありえます。介護倒れなどの悲劇は防がなければなりません。この様な事情から社会サービスで介護をまかなうという発想が出てきたのではないでしょうか。
posted by 老人が楽しく暮らせる世界にしましょう。 at 05:23| 老人の保険法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。